みどりに囲まれる幸せ

garden33.exblog.jp
ブログトップ

バラを引き立ててくれる白い小花

人気ブログランキングへ ←花・ガーデニングのブログランキングに登録しています。 クリックして応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。m(_ _)m
********************************

今日のルーバー前のバラたちです。
f0205733_00581317.jpg

今年はアブラハム・ダービーのシュートが無事越冬できたので花数が多く、うっとりするよう景観を作り出してくれました。
f0205733_00584459.jpg

その主役のバラ、アブラハム・ダービーを引き立ててくれるのは白い小花のオルレア・ホワイトレース。
f0205733_00585329.jpg
白い小花に引き立てられてバラがいっそう美しく見えます。
f0205733_00590553.jpg
こぼれ種でよく増えるので毎年バラの周りで花を咲かせてくれています。
f0205733_00590763.jpg

同じ場所を反対側から眺めます。↓の右下の斑入りの葉っぱは岩ミツバ(エゴポディウム)。
f0205733_00581671.jpg

斑入りの岩ミツバ(エゴポディウム)にもこんな透明感のある可愛い花が咲いていますよ。
f0205733_00590932.jpg
ボケすぎていますが、奥がオルレアで、手前の繊細な花が斑入りの岩ミツバ。レース状に咲くのは似ていますが、花の大きさはオルレアの方が大きいです。
f0205733_00591218.jpg


メインガーデンにも白花を混植しています。
f0205733_00592251.jpg

↓縦に伸びる穂に咲いているのは、サルビア ネモローサ スノーヒル。
f0205733_00592432.jpg
オルレアとはまた異なる涼しげな雰囲気で、バラを引き立ててくれています。
f0205733_00592711.jpg

そして縦にスラリと伸びて立体感を作り出してくれるのはジギタリス‘スノーシンブル’。
f0205733_00593008.jpg

↓こちらは白花ではありませんが、葉っぱが白いラムズイヤー。
肉厚のシルバーの葉色は庭色をとても柔らかにしてくれます。
f0205733_00593226.jpg

そして、ペンステモン・ハスカーレッド。こちらは、ダークな葉色が庭色を引き締め
f0205733_00593702.jpg
その先端に咲く薄紫がかった白花は庭に清涼感をもたらしてくれています。
f0205733_00593933.jpg

バラの庭では白い小花が大活躍です。


*****************************

< オルレア ‘ホワイトレース’ >
 ■耐寒性:強い方であるが春先に深霜に当たると枯れることがある。
 ■ 花期:6~9月
 ■ 草丈:60cm前後
 ■ お手入れメモ:秋撒き一年草。日向に植える。
    やや湿り気のある場所を好むが与えすぎると
    伸びすぎてしまうので注意。
    こぼれ種でよく増える。
    寒いうちに株を大きく育てると開花期には大きくなって
    たくさん花が付く。
    花が咲き進むと重さで折れることがあるので早めに支柱を立てる。
    直根性なので移植を嫌う。
    (こぼれ種で発芽した苗は小さいうちに定植しておいた方がいい)    
       
 *****************************
 人気ブログランキングへ ←花・ガーデニングのブログランキングに登録しています。             応援、ありがとうございます。 m(_ _)m

[PR]
by enjoy-garden | 2015-06-25 23:48 | 庭の様子