みどりに囲まれる幸せ

garden33.exblog.jp
ブログトップ

よく増えるチオノドクサとプシキニア・リバノティカ

人気ブログランキングへ ←花・ガーデニングのブログランキングに登録しています。 クリックして応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。m(_ _)m
********************************

球根類が少しづつ咲いてきて庭にも彩が出てきました。
チオノドクサが満開です。

f0205733_23045937.jpg

ギリシャ語で雪の輝きという意味の名前だそうです。
草丈15cm程で小さなお花ですが、キラキラと輝いて見えます♪
f0205733_23083349.jpg

そのお隣に咲いているのはプシキニア・リバノティカ。
f0205733_23050521.jpg
白にブルーの差し色がとっても素敵で、毎春この小さな花を眺めてうっとりしています♪
f0205733_23050808.jpg
チオノドクサもプシキニア・リバノティカもとてもよく増える球根です。
6年ほど前に10個の球根を植えたのですが、今では庭の3箇所で咲いていて、花友さんの所へもお嫁にいっていますよ。


ミニに続いて、普通サイズのクロッカスも咲きました。
クロッカスは朝晩や雨・曇りの日は花を閉じてしまうので、今日は閉じている横顔です。
f0205733_23051233.jpg
中庭のミニ水仙も咲き始めています。
f0205733_23051450.jpg

春は三寒四温で季節が進んでゆきますね。
昨日まで暖かくなったな~と思っていたら、明日の朝にはみぞれが降るのだとか。せっかく咲いている花の花茎が折れませんように。

**********************************

< チオノドクサ  >
 ■耐寒性:強い
 ■ 花期:4月下旬~5月上旬
 ■ 草丈:10~15cm
 ■ お手入れメモ:高山性の秋植え球根植物なので非常に育てやすく
            手間のかからない植物だが夏の暑さには弱い。
            夏は日陰になるような場所を選ぶ。
            球根は乾燥に弱いので花が終わって休眠に入っても
            掘り上げる必要はない。
            3~4年経って混み合ってきたら、
            花後に葉が枯れてきてから掘り上げて分球し
            そのまま植えなおしてよい。  
            球根は腐りやすいので,肥料は与えなくてよい。       


< プシキニア・リバノティカ >
 ■耐寒性:強い
 ■草丈:10~15cm
 ■ 花期:4月下旬~5月中旬
 ■ お手入れメモ:秋植えの小型球根
            日向を好む。 庭植えの場合数年間植えっぱなしでOK!
            丈夫でこぼれダネでよく増える。
            こぼれダネの芽をそのままにしておくと全部は成長しない
            ので確実に増やしたい時にはいくつかに分けて
            鉢や庭に植えかえる。

 *****************************
 人気ブログランキングへ ←花・ガーデニングのブログランキングに登録しています。             応援、ありがとうございます。 m(_ _)m


[PR]
by enjoy-garden | 2015-04-15 23:30 | 球根類