みどりに囲まれる幸せ

garden33.exblog.jp
ブログトップ

プリンセス・ダイアナとユーフォルビア・ポリクロマ

 人気ブログランキングへ ←花・ガーデニングのブログランキングに登録しています。
             一日一回クリックして応援していただけたら嬉しいです。  
             よろしくお願いします。 m(_ _)m

********************************************** 

昨日はピエール・ドゥ・ロンサールのアーチの反対側にイングリッシュローズのスノーグースを定植しました。
f0205733_23215543.jpg

ここに植えるバラは随分迷いました。
アーチの頂上で花が重なった時にピエール・ドゥ・ロンサールの美しさをひきたててくれるようなバラで
一季咲きのロンサールが終わった後にもアーチに花を咲かせてくれる四季咲きのバラ。
そんな観点で探し、他にもいくつか候補はあがったのですが
強健かつ多花性で雪が降る頃まで花を咲かせてくれるという点に期待してスノーグースに決めました。
ただ今、花後に伸びだしたシュートが90cmになっています。
この分で成長すると来春までにアーチの頂上に達するかも??と
早くも来春のバラのアーチを妄想しうっとりしています。(*^-^*)

今、庭の主役はクレマチスのプリンセス・ダイアナです。
f0205733_23265174.jpg
ほぼ一緒に咲き始めて見事な競演を果たしてくれたアイスバーグはもう終わりに近づいてきているのですが
プリンセス・ダイアナはまだまだ咲き続けそうです。
花びらがしっかりとしているので雨に当たってもあまり傷まないところが嬉しいですね。
f0205733_2327186.jpg


終わりかけのアイスバーグ。いつ見ても可愛いお花です。
f0205733_23502438.jpg


もう一つ、目を引くのがユーフォルビア・ポリクロマ(黄河)です。
春の花が終わった後に丈15cmくらいまでばっさりと切り戻したのですが
そこから新芽が伸びてきて明るい緑のグラデーションがとても綺麗です。
重なり合う葉っぱの形も可愛いんですよ。
f0205733_23401088.jpg
f0205733_2347436.jpg


玄関から見る現在の中庭です。
やっとチューリップの枯葉を取ることができましたが、その部分は土が見えて寂しいですね。
春の球根類と宿根草を一緒に植えていつも見栄えのする庭を保つことの難しさを実感しています。
球根類が終わった後にうまく茂ってくれる宿根草をもう少し取り入れるか
チューリップなどは鉢植えにするか・・・来春はもう少し考えようと思っています。
f0205733_052853.jpg


中庭にある植物をとりとめも無く・・・

ブルンネラ『ドーソンズ・ホワイト』 
存在感のある斑入りの葉っぱです。春には忘れな草のような可愛い水色の花が咲いていました。 
f0205733_0242842.jpg


ニシキシダ
このシダの周囲は幻想的な独特の雰囲気となります。
f0205733_0245625.jpg


ヒペリカム’ゴールドフォーム’
放射状に枝が広がってその先に次々と黄色の花を咲かせています。
花持ちはあまり良くないのですがパッと開くこの黄色いお花を見ていると元気がわいてきます♪
周りにあるホスタはジューン(左上)、オーレオマルギナータ(中央上)、パトリオット(右下)です。
f0205733_0254228.jpg
f0205733_11554884.jpg


ヒューケラ パリです。最近、葉のシルバー色がくっきりとしてきて更に明るさが増してきました。
ヒューケラの中ではダントツ花期が長いのも嬉しいです。
f0205733_026723.jpg


ヒューケラキャラメル。
こちらは花が咲きそうも無いのですが今時期はキャラメル色の葉にオレンジの新芽が重なって
庭色のアクセントになっています。
f0205733_02797.jpg


**********************************************

< プリンセス・ダイアナ >   クレマチス テキセンシス系 (新枝咲きの遅咲き系)
 ■耐寒性:強い マイナス15度までOK!(冬には地上部が枯れる。)
 ■ 花期:晩春~晩秋 
 ■ 草丈:3~4m
 ■ お手入れメモ:日当たりのよい場所を好む。
            年々花数も増え、つるもよく伸びる。
            新枝咲きの遅咲き系で、前年の旧枝は根元近くまで枯れ、
            土中または地上部付近に残った枝から新枝を10節以上伸ばして開花する。
            開花期が約1ヶ月間ある。生育・開花中は施肥を忘れないように。
            花後の剪定:1つの茎に数輪蕾がつくので、咲き終わったものから花柄をカットする。
            1つの茎の花がすべて咲き終わったら、地際から2節残して茎を切り取る。
            その後50~60日で2番花が見られる。
            花後の剪定をしないと2番花、3番花の花付がわるくなるので、必ず花後すぐに剪定する。
            冬の剪定:強剪定。しっかりした芽を残し、全体の4分の3を地際から強剪定。



<ユーフォルビア・ポリクロマ(黄河) >
 ■ 花期:5~6月
 ■ 草丈:30~40cm
 ■ お手入れメモ:高温多湿を嫌う。生育は旺盛。
           陽光を好むが半日陰でもよい。繁殖は種まきか挿し木。
           茎を切ると白乳液がでて、皮膚につくとかぶれるので要注意。


**********************************************

 人気ブログランキングへ ←花・ガーデニングのブログランキングに登録しています。
             応援、ありがとうございます。 m(_ _)m
[PR]
by enjoy-garden | 2009-07-22 12:15 | クレマチス